2011年04月30日

去年の夏の出来事(2)

CPUクーラーが届いたので早速、取り付け。一応、温度の様子を見るために Core Temp で温度チェックしてみたところ、アイドル時の温度が以前より3℃程下がっていました。さすが水冷と思い、次に Prime95 で過酷な負荷のチェックを実施。Self-test 8k 終了時点(約30分後)の最高温度 78度。 その後、さらにテストを続けましたが、CPUの温度が安定せず、どんどん上昇して行き、82℃超えたためテスト中止!これでは危険と思い、確認しましたが水冷のホース部分が熱くなっており、ラジエータの冷却性能を超えているようである。
こんな出来事で私のCPUクーラの選定地獄が始まりました。
その後、Scythe KABUTO に変更し、これでも安心できず、最終的に ZALMAN CNPS9900LED に落ち着きました。
うん、これが一番よく冷える!!
この後、しばらくして H50-1 の後継機、ラジエータの厚みが倍の H70 が発売になりました。タイミング悪うっ!
( H50-1 を使用した時の少し詳しいレビューをこちらに載せてあります。 → amazon のカスタマーレビュー
posted by F14_TOMCAT_07 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44633055

この記事へのトラックバック